理論 音楽

音楽に理論は必要?曲作りや演奏するのに役に立つの?

投稿日:2016年11月19日 更新日:

音楽やるのに理論って必要??

 

 

どっちでもいい

楽しけりゃいいと思います。

 

理論ってやってみて思ったんですが、

こうじゃなきゃいけない!ってのが

そもそもなかったんですよね

 

じゃあ、何のためにあるの?

ってことで。

 

当時のお話

歌を習っていた私に先生が、アコースティックギターの弾き語りをやれ
と言い出して半強制に。

 

楽器は弾けたらいいし、絶対プラスになると思い同意した訳です。
まー、指が痛いんで最初の頃は練習なんてぜんぜんできなかったというのもあり

理論の勉強が始まりました。

とにかく何を言ってるの分からなかったですけどね

 

 

アコースティックギターって言ったら

こう、ジャカジャカ弾くイメージありますよね?

単純にあまり好きではなかったので指でポロポロ弾けるようになる!
と最初の目標にしました。

 

 

 

 

理論を習うなら尚更合っていると思いました
コードとベースラインを同時に弾く

理論があることで理解しやすかったからです。

 

ギターのコードって、押さえた箇所の一番低い音がベースになってるので
音が上がったり下がったりも視覚的にわかりやすい

それ言ったらピアノの方が断然わかりやすいですが・・
ピアノで言えば左手がベース、右手がコードですよね

 

 

おぼつかないながら弾けるようになる嬉しさもあり
理論の良いところを自分なりに見つけられるとイイかもですね

ただ、理論だけが正しいという訳ではないので
他の人にはない自分らしさも追及することも大事

むしろそっちの方が大切で

理論はその「らしさ」「個性」を表現するツールなんじゃないかな

と自分は思います

 

 

見た目や声質も個性であるように

ギターの音もその人の個性ですし

 

理論を知るにつれて色々気付いていける

 

自分の好きなコード進行とか、メロディとかも理論づけて言えるようになったり
表現の仕方が変わったり、引き出しもいっぱい増えます

 

 

すごい数の曲が世の中に溢れているので

どうしても似てしまいます

似てしまったとしても十分、個性でカヴァーできる

 

 

 

自分らしさってものを見つけていくための「理論」

 

これを追求していくのも楽しいんじゃないでしょうか。

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-理論, 音楽

Copyright© にゃるぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.